「貯蓄から投資へ」と叫ばれて久しいのですが、現状を見ますと金融危機や円高の影響で、その流れが停滞しております。また、優れた金融商品が十分に紹介されていないことも、投資が増大しない理由ではないでしょうか。弊社は、こうした状況を改善すべく、ヘッジファンドをはじめ良質な金融商品を提案してまいりたいと考えております。

 昨今、投資家のニーズは「相対収益」から「絶対収益」追求に変化し始めております。わが国でもマーケットの変化を活用したヘッジファンドを立ち上げる若い優秀な運用者が増え、その成果も十分現れてきております。ただ、残念ながら多くの一般投資家は、そのファンドとの接点が少なく、購入する機会に恵まれていないのが実情です。
我々はその課題を解決すべく会社設立に至りました。弊社は、長年証券界において培ってきた金融商品を見る目とネットワークを生かし、様々な金融商品の分析・評価を行い、有望なファンドを発掘します。それらを私募はもとより公募化を含め、ファンドオブファンズとして投資家のみなさまに提供するサポートを考えております。独立系の投資顧問会社として運用サイドであるファンド会社と販売サイドである金融機関との『架け橋』になることでその実現を図りたいと思います。

 こうしたプロセスを通して、運用成績の良い金融商品をご提案し、これまで、短期的に保有されがちでした投資信託を、欧米並みに長く保有していただくことを目標とします。その結果として、わが国の投資信託の残高拡大に貢献できるよう邁進してまいります。


株式会社 コアアセットマネージメント
代表取締役社長   森山 治彦







代表者挨拶
Bridge between Investor And Fund
イメージ
本文へジャンプ